FC2ブログ

ドイツでサブ3 | フルマラソン3時間切りを目指すドイツ在住会社員の練習記録。とドイツ的日常。

僕がドイツに来た理由(3)

中学生ぐらいの頃からずっと、「熱中できるもの」が何かしらあったような気がする。それは、ある時はカメラだったり、ある時はギターだったりした。ゲームに没頭した時期もあれば、大人になってから物理学の本を読み漁ったり、高校数学の問題集を意味もなく解きまくったこともあった。


改めて書き並べてみると、見事に全部一人でできる趣味であることに気づく。外の世界を忘れるための、完全に一人になる時間。ランナーなら、その純粋さとか、美しさを、きっと知っている。


でも度が過ぎると、大切な人を悲しませてしまうから、要注意だ。


僕にとってのそれは、健全な趣味というよりは、自我を調整するための治療みたいなものだった。日々の生活の中でどうしても必要な時間だった。それはすごく個人的な作業で、他者を愛したり愛されたりすることでは代用できなかった。残念ながら。


他人の人生に責任を負ったり、負われたり。他人の家族に深く入り込んだり、入り込まれたり。そういったことは、むしろ重荷にすら感じられた。


自分一人分でさえ、こんなに手一杯なのに?あんな風に外の世界を受け入れて生きていく?そんな大きく、強い生き方、僕には考えられなかった。非合理的だとさえ思えた。同棲した1年間で、彼女はそれを痛いほど感じたことだろう。


***


ドイツ行きを告げられてから実際に赴任するまでの4か月間、僕の「熱中できるもの」は英語だった。正確に言えば、TOEICという点取りゲームの攻略だ。


通勤中、営業車の中、帰宅後の数時間、テスト勉強に明け暮れた。おかげで、2か月後の本番では、留学経験もない者としてはそこそこ様になる点数を取ることができた。


未知の地への期待感から、仕事に対するモチベーションは最高潮だった。まるで新入社員みたいにワクワクしていた。


***


2013年1月。大学時代の友人たちが送別会を開いてくれた。


久しぶりに、夜のキャンパスに集まって、芝生に寝転がって酒を飲んだ。ギターを弾いて、歌を歌った。


「時の流れははやく、もう30なのだけれど、ああ僕に何が残せるというのだろう」


ミスチルの、『1999年、夏、沖縄』。「30」のところを、自分たちの歳に言い換えて歌うのが、僕たちのお気に入りだった。この時僕は27だった。


「変わっていったものと、いまだ変わらぬものが、ああ良くも悪くもいっぱいあるけれど」


***


一度だけ、彼女からメールが来た。僕のドイツ行きを、共通の友人から聞いたらしかった。


「すごいね。Takaならできるよ。」


そんな内容だった。今度は、誠実に、語り過ぎないように気を付けながら、長いメールを返した。


その後携帯は解約して、彼女との連絡手段は今はない。


渡独後、うわさで彼女が結婚式を挙げた話を聞いた。


きっと彼女は、旦那さんのことを誰よりも愛しているのだろうな、と思う。そう、誰よりもだ。


***


そんなわけで、2013年1月28日から僕はドイツにいる。相変わらず、「熱中できるもの」は手放せないけど、これが僕だ。少しは親近感を持っていただけただろうか。それがそもそもの目的だったのだが、ただ醜態をさらしただけのような気もする。


ちなみに、実際にモテているかどうかは、ブログの更新頻度からお察しいただきたい。


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

Posted by Taka on  | 6 comments  0 trackback

6 Comments

proceed2600 says...""
沁みました。
帰国したら、呑みましょう!
2014.06.30 16:52 | URL | #- [edit]
メガネくん says..."No title"
倍返しどころか期待の上を行く人生ドラマでした。
いや~、なんかいいっすね。素敵です。
2014.06.30 17:19 | URL | #JalddpaA [edit]
キクチ says..."No title"
「1999年、夏、沖縄」、おれも大すきです。ひさびさに聴いてみようかなとおもいました。
「そして世界一の、酒を見つけました。それは、必死で、はたらいたあとの、酒です」

で、案の定というか、学生時代にすきだったチャンネーのことをおもい出す、っていう。
2014.06.30 23:05 | URL | #- [edit]
Taka says..."Re: タイトルなし"
proceedさん
恐縮です。ぜひご一緒させてください。
2014.07.01 04:25 | URL | #- [edit]
Taka says..."Re: No title"
メガネくんさん
そう言ってもらえると心が休まります。
なんか今、やっちまった感と自己満足感の間ですごいモヤモヤw
2014.07.01 04:36 | URL | #- [edit]
Taka says..."Re: No title"
キクチさん
そこの歌詞俺も好きです。
「愛する人たちと、愛してくれた人たちと、世界一の酒を飲み交わしたのです」
ぶわっ。・゜・(ノД`)・゜・。
2014.07.01 04:46 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://germany35.blog.fc2.com/tb.php/115-329f1270
該当の記事は見つかりませんでした。