FC2ブログ

ドイツでサブ3 | フルマラソン3時間切りを目指すドイツ在住会社員の練習記録。とドイツ的日常。

【デュッセルレポ1】スタート。まだ雨が降っている。

デュッセルドルフマラソン、当日。


7:00、アパートを出発。パーカーを着ても肌寒い。雨はやまず。傘をさし、徒歩にて現地に向かう。40分ほどの道のり。人影はまばら。スタート地点に近づくにつれて、徐々に、レース出場者が道に増え始める。


7:40、集合場所に到着。テントが張ってある。中には長椅子とテーブル。スタート1時間20分前。まだ人はまばらで、席には余裕がある。しばし座って過ごす。ここでバナナ1本摂取。最後のチャージ。


8:15、テントが賑わってくる。少し早いが、「身なり」を整える。スタート地点までは、歩いて10分ほど距離がある。少しでもいい位置でスタートしたかったのと、トイレがスタート地点にしかない。隣のテントで荷物を預け、移動を開始した。


まだ雨が降っている。半そでは、寒い。


ミーティングポイントテント内容の様子
集合地点のテント内の様子


8:25、スタート地点周辺。思いのほか、人は多くない。まずはトイレを済ます。幸いにも待ち時間はゼロ。


大音量の音楽を背景に、司会者が何かしゃべっている。先にスタートするキッズレースの参加者へのインタビュー。など。


スタートゲートと、自分のスタートブロックとの距離を確認する。意外に近い。5ブロック中、後ろから2番目。申告タイム4時間から4時間半のグループ。少しでも、前に位置取りたい。スタート位置の脇の売店の軒下で、雨宿りさせてもらいながら待つことにする。ここならいつでもコース上に入っていける。


がらすきのトイレ
がらすきのトイレ


スタートゲート
スタートゲート


売店の軒下
雨宿り民で賑わう売店の軒下


8:50、まだ誰も、コース上で待っている人はいない。みんな雨で身体が冷えるのを嫌っている様子。先陣を切って、第4ブロックの最前列に並ぶ。軽くストレッチ。


8:55、徐々にコース上に集まり出す人々。いよいよ、大会らしくなってきた。それでも、思ったほどの人ごみではない。MCが、今年のフルマラソンエントリー数が4000人だったことを告げる。なんだ、案外少ないぞ。これなら、混雑に悩まされずに済むかもしれない。


9:00、MCのボルテージが最高潮に達し、号砲がなる。始まった。ゆるゆると歩き出す集団。2分ほどでスタートゲートを通過。と同時に、集団がジョギングに移行した。


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


デュッセルドルフマラソンを終えて二日目。前ももの筋肉痛がひどい。今後の重点筋トレポイントにしよう。


これより当日の詳細レポをお送りいたします。ストーリーとしてのオチは、ここ二日の記事で既に出尽くしております。今後のための備忘録として、そして何より初フルマラソンの思い出の記録として。


関連記事
スポンサーサイト
Posted by Taka on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。