FC2ブログ

ドイツでサブ3 | フルマラソン3時間切りを目指すドイツ在住会社員の練習記録。とドイツ的日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Taka on  | 

【デュッセルレポ1】スタート。まだ雨が降っている。

デュッセルドルフマラソン、当日。


7:00、アパートを出発。パーカーを着ても肌寒い。雨はやまず。傘をさし、徒歩にて現地に向かう。40分ほどの道のり。人影はまばら。スタート地点に近づくにつれて、徐々に、レース出場者が道に増え始める。


7:40、集合場所に到着。テントが張ってある。中には長椅子とテーブル。スタート1時間20分前。まだ人はまばらで、席には余裕がある。しばし座って過ごす。ここでバナナ1本摂取。最後のチャージ。


8:15、テントが賑わってくる。少し早いが、「身なり」を整える。スタート地点までは、歩いて10分ほど距離がある。少しでもいい位置でスタートしたかったのと、トイレがスタート地点にしかない。隣のテントで荷物を預け、移動を開始した。


まだ雨が降っている。半そでは、寒い。


ミーティングポイントテント内容の様子
集合地点のテント内の様子


8:25、スタート地点周辺。思いのほか、人は多くない。まずはトイレを済ます。幸いにも待ち時間はゼロ。


大音量の音楽を背景に、司会者が何かしゃべっている。先にスタートするキッズレースの参加者へのインタビュー。など。


スタートゲートと、自分のスタートブロックとの距離を確認する。意外に近い。5ブロック中、後ろから2番目。申告タイム4時間から4時間半のグループ。少しでも、前に位置取りたい。スタート位置の脇の売店の軒下で、雨宿りさせてもらいながら待つことにする。ここならいつでもコース上に入っていける。


がらすきのトイレ
がらすきのトイレ


スタートゲート
スタートゲート


売店の軒下
雨宿り民で賑わう売店の軒下


8:50、まだ誰も、コース上で待っている人はいない。みんな雨で身体が冷えるのを嫌っている様子。先陣を切って、第4ブロックの最前列に並ぶ。軽くストレッチ。


8:55、徐々にコース上に集まり出す人々。いよいよ、大会らしくなってきた。それでも、思ったほどの人ごみではない。MCが、今年のフルマラソンエントリー数が4000人だったことを告げる。なんだ、案外少ないぞ。これなら、混雑に悩まされずに済むかもしれない。


9:00、MCのボルテージが最高潮に達し、号砲がなる。始まった。ゆるゆると歩き出す集団。2分ほどでスタートゲートを通過。と同時に、集団がジョギングに移行した。


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


デュッセルドルフマラソンを終えて二日目。前ももの筋肉痛がひどい。今後の重点筋トレポイントにしよう。


これより当日の詳細レポをお送りいたします。ストーリーとしてのオチは、ここ二日の記事で既に出尽くしております。今後のための備忘録として、そして何より初フルマラソンの思い出の記録として。


関連記事
スポンサーサイト
Posted by Taka on  | 0 comments  0 trackback

心拍数データで振り返るデュッセルマラソン

初フルマラソンから一夜。筋肉痛にもだえながらも、幸い怪我と思しき痛みはなく。改めて、ここまで大事なく来れたことに感謝。


さて今回は心拍数データからレースを振り返ります。どんな運動強度で走った結果、今回のような30km以降の爆笑、じゃなかった、爆走が起こったのか、ちゃんと調べておかなくてはっ。


詳しいレース結果は前記事をご参照ください→デュッセル結果詳細、レース展開分析


心拍数推移


さっそくガーミンの記録から、どぞ。


デュッセル2014心拍数推移(ガーミンデータ)
(デュッセルドルフマラソン心拍数推移。ガーミンデータ。クリックで拡大)


いやー我ながらひどい乱高下w考えられる原因は


  • コース混雑による細かいスピードの上下
  • 給水時の混雑とか減速
  • アップダウン

その分無駄に脚と心肺を使ったということ。ただこれがレースっちゅうもんだ、とも言える。練習で変化走、クロカン、坂の多いコースなどを取り入れる必要性を感じました。


事前のプランとの比較


直近の30km走から導き出した心拍数プランがこれでした。


  • 1~20km:146以内
  • 21~30km:152以内

経緯はこちら→30km走の結果からフルマラソン適正心拍数を求めてみる


その30km走と、今回の結果を比べてみると?


デュッセル2014心拍数推移直近ロング走との比較グラフ
(直近30km走とデュッセル当日の心拍数比較。ガーミンデータ。クリックで拡大)


計画以下にばっちり抑えられてはいます。が、やっぱり20kmまでが若干抑え過ぎだったですな。


ペースと心拍数の相関


上記心拍数推移を、1kmごとのペースと重ねてみるとどうなるでしょうか?


デュッセル2014ペースと心拍数の関係折れ線グラフ
(ペースと心拍数の関係。ガーミンデータより。クリックで拡大)


綺麗に相関を示してくれている。こういうのがデータオタクは嬉しい。


注目すべきは20km~30km。ペースは変わらないのに、心拍数だけ上昇。いわゆるドリフト現象。ロング走の経験からも、20km以降のこの現象はほぼ不可避の模様(僕の場合、です)。


30km以降はドリフトによって生じたかい離をそのままに、ペースアップに比例して心拍数も上昇した感じ。面白いなあ。


運動強度をステージ別に出してみる


上のグラフを見るに、どうも5つのステージに分けるとうまく分析できそうです。


スタート~5kmゆっくり入った最初の5km
5km~20km低めで推移した前半
20km~30kmドリフト現象で心拍上昇。ペースは一定
30km~35kmペースアップによる急上昇
35km~ゴールさらにペースアップで心拍数ピーク

各ステージの平均心拍数を取ってみると、以下の通り。


スタート~5km137bpm
5km~20km143bpm
20km~30km150bpm
30km~35km156bpm
35km~ゴール162bpm 

では、これらの心拍数は僕にとって何%の運動強度なのか?そしてそれはマラソンに適正と言える範囲だったのか?ここでGreg Maclinさんのツール登場。


デュッセル2014ステージ別運動強度表
(ステージ別運動強度。Greg Maclinさんのツール。クリックで拡大。)


ツールのダウンロード、使い方はこちらをご参照下さい→フルマラソン適正心拍数を求めて:Greg Maclinさんのツール紹介


画像中、それぞれのステージを枠で囲みました。言葉でまとめるとこんな感じ。


ステージ平均心拍運動強度適正レースorトレーニング
0~5km13768%イージー/ 回復/ ウォームアップ
5~20km14372%ロング走
20~30km15077.5%マラソン/ テンポ走
30~35km15682%ハーフ/  マラソンゴール時
35~ゴール16286.5%10kmレース/ハーフゴール時/Tペース

つまり、一般論でいけば、イージーペースで走り始めて、段階を踏んで10kmレースペースまで上がった、と。42kmビルドアップお疲れ様でした('◇')ゞ


総括


分かったことは、30kmまでを運動強度77.5%程度に抑えるとその後アドレナリンどばーで頭の中お花畑 (・∀・)ってことですね。いやー勉強になった(違)


プラン以内で走れたのは合格。もとよりプランが低すぎたんですな。Greg Maclinさんのツールから、一般的なマラソンペースよりも低めなプランであることは承知してたんですが、直前の30km走の結果を正と判断しての設定でした。


結果的に、マラソン理論ってのは良くできてるってことが分かった(一般論に従ってもっと高めの心拍数を設定してもよかった)と思う反面、実績に基づいてプランを策定するプロセスは個人的には外せない。今後もこんな感じでデータ集積を続けようと思ってます。


データ好きはクリック(・∀・)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


Posted by Taka on  | 2 comments  0 trackback

デュッセル結果詳細、レース展開分析

正式結果出ました(ドヤァ)


デュッセル2014結果証書


グロスタイム 3:27:06
ネットタイム 3:25:11


各通過タイム
10km 00:52:24
ハーフ 01:47:18
30km 02:31:10
40km 00:00:00(!)03:16:04
後半ハーフのタイム 01:37:52


5kmごとのラップがないとはっ。予想外wサービス悪いぞデュッセルマラソンw
あとハーフのタイムだけじゃなくて20kmも欲しいし、40kmもほしいぞ!00:00:00ってなんだw(追記:デュッセルマラソン公式サイトの情報が更新されたため、正しいタイム03:16:04を記載しました。


しょうがないので、足りないところは記憶と計算で補いながら、レース展開を分析します。レポの前にデータが来るのが当ブログでございます( ̄▽ ̄)


ちょっと極端なネガティブスプリット


前半より後半のハーフの方が10分近く速い。ネガティブスプリットってやつですなあ。前半を平均ペース5:05/km、後半を4:38/kmで走っとります。


ちなみにハーフのベストタイムは1:42:51。今日の後半の方が5分速い。ただしこのベストは去年の10月のタイム。月間走行100kmぐらいの頃だったし、参考程度で。(今ハーフ走ったらいくつ出るんだろう)


さて後半の中でも肝は30km以降でした。10kmごとのラップを表にすると↓のような感じです。
(※20kmの通過は、10km~ハーフまでが完全に一定ペースだったと仮定して概算。40km通過は記憶では03:16:**で、秒数は一桁だったと思うので、03:16:00と仮置き。追記:デュッセルマラソン公式サイトの情報が更新されたため、40km通過タイムを03:16:04に変更しました。併せてそれに関連する計算をし直しました。)


<デュッセル2014結果>
通過タイムラップタイムペース/km
10km52:2452:255:14
20km01:41:4349:194:56
30km02:31:1049:274:57
40km03:16:0444:544:29
42.19503:25:1109:074:09

30km以降の加速っぷりがお分かりいただけるでしょうか。
ガーミンによると、30-35kmは22:54(4:34ペース)、35-40kmは21:17(4:15ペース)で、この区間が最速。1km毎には、39kmで4:06を叩きだしております。


この区間、びっくりするぐらいランナーズハイで。30kmも走ってきてこんなに脚が動くことが楽しくてしょうがなくて、もう半笑いで走ってましたwアドレナリンどばー出てましたねきっと。


なお、今回ガーミンちゃんは10km地点で既に100mぐらいずれていて、20kmで200m以上ずれていました。最終的には500mぐらいずれてしまっています。ので、信頼のおけるデータとは言えません。それでも、やっぱり1kmごとのラップを眺めると全体の流れが掴めるので、一応残しておこうと思います。参考程度で。


0-5km 27:10 (5:40、5:42、5:19、5:04、5:25)
5-10km 24:38 (5:10、4:52、4:57、4:43、4:56)
10-15km 23:32 (5:00、4:54、4:47、4:59、4:52)
15-20km 24:30 (4:50、4:56、4:50、5:05、4:49)
20-25km 24:29 (5:03、4:49、4:52、4:52、4:53)
25-30km 24:24 (4:50、4:57、4:50、4:52、4:55)
30-35km 22:54 (4:46、4:45、4:30、4:27、4:26)
35-40km 21:17 (4:24、4:24、4:15、4:06、4:08)
40-43km 11:23 (4:34、4:15、2:34)


事前につくったレースプランとの比較


↓こちらが事前のプラン(→初フルマラソンレースプランを考えてみた


通過タイムラップタイムペース/km
10km52:2052:205:14
20km01:41:2049:004:54
30km02:30:2049:004:54
40km03:19:1048:504:53
42.19503:29:5310:434:53

結果の方をもう一度↓


通過タイムラップタイムペース/km
10km52:2452:255:14
20km01:41:4349:194:56
30km02:31:1049:274:57
40km03:16:0444:544:29
42.19503:25:1109:074:09

比べると、
10km地点:4秒遅れ
20km地点:23秒遅れ
30km地点:50秒遅れ


最初の10kmはOK。読めない混雑状況を鑑みれば、むしろ怖いぐらい計画通り。


10km~30km。一定のペースに乗れずにやきもきしました。要因は、コース混雑、給水、アップダウン。いずれも事前にシミュレートするのが難しい。「これがレースってもんか」となんだか感慨深い心境。


レース中も概ねこの遅れは把握していました。しかしペースアップは我慢。歯止めをかけたのは「30kmまでは心拍数152bpm以下」のルール(→30km走の結果からフルマラソン適正心拍数を求めてみる)。20km過ぎてからは、常に152ぎりぎりのところを推移していました。心拍数データは別記事にてまとめようと思います。


30km通過の際、ざっくり1分程度遅れている。1分というと、12kmで挽回するには1kmあたり5秒のペースアップが必要、すなわち4:48/km以内。そんなことを考えながら通過しました。


こうして客観的にみるとほぼ計画通りのようにも見えますが、この時点では内心焦っています。心肺は余裕があったものの、前ももの筋肉が悲鳴を上げている。ペースアップできるのか、と。


結果的にその焦りは杞憂に終わる訳ですが、何が良かったんでしょうか?


30km以降の加速を可能にした要因は?


いろいろ考えられるし、断定はできないですが、自分用メモとして列挙しておきます。練習内容以外で。


  • 調整がうまくいった→次回も使える
  • カーボローディングが成功した→平常体重55kgから当日朝55.9kg。
  • 当日の食事→黒パン3枚、小バターロール3個、バナナ3本、小リンゴ1個。スタート1時間半前まで。
  • 補給その一→ジェル13km、20km、27km、35km(カフェイン入り)。最後の特に効いた。
  • 補給その二→給水はほぼ全部。2度ほどスポーツドリンク。25km地点?でバナナひとかけ。
  • 直前1週間カフェイン抜き。(もともとコーヒー苦手。カフェインが効きやすい体質)
  • 30kmまでよく我慢した。心拍数管理がブレーキとしてうまく機能した。
  • 寒さと雨が吉と出た。30kmまでのブレーキとして働いた。

総括


「30kmまではウォーミングアップ」を地でいったようなレース展開。初マラソンとしては出来過ぎと言っていい。ただし、今後タイムを伸ばすためには、もう少しイーブンペースに持っていきたい。


その場合、「30kmまでは心拍数152bpm以下」は上方修正しても良さげ。今後の練習で再調整。


長いw何しろ満を持しての初マラソンだったもんだから。ご容赦いただきたいす。
朝からの行動記録とレース中の心境含めたレポも書くつもりです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


Posted by Taka on  | 10 comments  0 trackback

デュッセル速報。

手元のガーミンデータです。


距離: 42.68 km
タイム: 3:25:15
平均ペース: 4:49 min/km


サブ3.5、達成\(゜ロ\)(/ロ゜)/


グロスでも余裕を持って達成しております。(ゴール時電光掲示板にて確認)


スタッフ、隣のランナー、応援していただいた全ての方、このブログにコメント下さった方、陰ながらいつも読んでいただいているあなた。全てに感謝しつつ、少々休憩。手すりがないと階段上り下りできない程度には消耗しております。


ありがとうございましたm(__)m


詳しいご報告はまた別途。デュッセル公式サイトにラップがアップデートされた後にでも。楽しいラップ?をお見せできると思います( ̄▽ ̄)ウッシッシ


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


Posted by Taka on  | 2 comments  0 trackback

デュッセル当日、朝

5時に目覚ましかけるも、4時半起床。夜中にも何度か目が覚めた。興奮しているというより、昨日ちょっと昼寝してしまったせいだと思うw


体重、55.9kg
心拍数、48bpm


大丈夫。問題ない。


雨が降っております。予報では4時まで降水確率50%、5時から20%、8時から10%、11時から30%。まあ、問題なさそう。


気温10℃。12時時点の予想気温13度。先週は20度の日とかもあったので、この低さは幸運。


レース展開をもう一度イメージする。1km毎ラップはガーミンのGPSを頼る。10kmごとの通過タイムは距離表示位置で時計を見る。52分、1時間41分、2時間半が大事な目安。40km地点で3時間19分以内なら、完璧予定通り。


朝食は、パンとバナナと牛乳(毎朝飲んでる)。
熱いシャワーを浴びて、7時出発予定。


おおおお、スタートイメージすると心拍数上がるwやめようwイメトレ禁止wリラックスリラックス。


昨日思いついて我ながらすっかり気に入った言葉をもう一度。


隣のランナーを愛する気持ち(●´ω`●)


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


Posted by Taka on  | 4 comments  0 trackback

デュッセルドルフマラソン・エクスポ?の様子

今日受付会場に赴いてゼッケンなどを受け取って来ました。こんな風に余裕をもって準備できるというのは、地元開催のアドバンテージですね。精神的にも体力的にも、ばかにできません。


この最終受付は金、土、日(スタート直前の9時まで)の3日間。金・土は、スポンサーであるStadtsparkasseという銀行のデュッセルドルフ本店で行われています。うちから徒歩10分。


昨年ハーフに出場したケルンマラソンの経験では、受付会場周辺では沢山のスポーツショップやシューズメーカーがブース販売を行っているはず。格安でシューズを手に入れるチャンス!一番すいているであろう金曜がねらい目に違いない!なんて期待しながら向かいました。


デュッセルマラソン受付会場
会場に到着。しかしそのサイズに拍子抜け。これが大会規模の違いってやつかぁ。


受付カウンター
受付がらすき。2分で終了。


受付会場周辺のブース
ショップすくなー(T_T)


シューズ売場
シューズを売っていた唯一のメーカー。お、これは?


DIADORAのシューズ


これ!以前なんてブランドか分からないけどたまに見かけると書いたシューズ!(→120分LSD@セット練成功?春のラインは賑わってます)DIADORAっていうんですね。ググったらイタリアのスポーツブランドだそう。ディアドラ・ジャパンのWebサイトもある。もっとローカルな企業なのかと想像していました。


デュッセルのスポーツショップでは見たことがありません。おそらくイベント参加などの地道な販売で市場開拓中なのでしょう。弱小(と言っては失礼ですが)ブランドによるこうした草の根の販促活動には頭が下がります。


とは言いながら、何も買わずに今回は退散。購入意欲をそそるシューズには出逢えませんでした。


Start Documents
受付で受け取ったバッグ。ゼッケンのほかに、スポーツショップのクーポン券、ランニング関連のフリーペーパー、サプリの試供品、スポンジ(?)などが入っていました。


さて、受付後に分かったこと。スタートブロックが5つあるということ。どこに配属されるかは、エントリー時の申告タイムによります。


  1. 2:30 - 2:59
  2. 3:00 - 3:29
  3. 3:30 - 3:59
  4. 4:00 - 4:29
  5. 4:30以降

今回僕は4時間で申告したため、後ろから2番目、4:00-4:30のブロックからのスタートです。エントリーしたのは1月。当初はサブ3.5を狙えるレベルまで来れるとは思っていなかったのです。


実はこれが目下のところ最大の心配事。周囲のスローペースに埋もれてしまわないか。最初の5kmは捨ててもいい。けどそれ以降はぜひとも4:54ペースに乗りたい。でも、無理して抜いて無駄な脚を使いたくない。


どれぐらいの混雑具合になるか、こればっかりは事前の予測が難しい。ちなみに去年の参加者数は14,000人。参考のために調べたら、去年走ったケルンハーフは11,000人弱だった模様。ってことは、道幅が同じだと仮定すれば、あれより混雑する?うわっ、結構大変だぞこりゃ。


今言えることは、たとえ人ごみとの戦いになろうとも、焦らず、イラつかず、可能な限り脚と酸素を節約しながらペースキープを試みる。という程度の方針だけでしょうか。少なくとも事前に心の準備ができたというのは良いことのはず。


まあ、どう転んでも初マラソン。失うものはない。楽しむこと。リラックス。


隣のランナーを愛する気持ち。


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


Posted by Taka on  | 0 comments  0 trackback

デュッセル2日前、調整メニュー振り返り

デュッセルドルフマラソン2日前。調整は順調っぽい。


18日(金)ビルドアップ16km@4:54→4:00
19日(土)休
20日(日)ペース走10km@4:45
21日(月)ジョグ7km@8:03+流し100m×4
22日(火)休
23日(水)ジョグ6km@7:42+流し100m×4
24日(木)ジョグ3.7km+2km@4:56+2km@4:05
-------以下予定---------
25日(金)ジョグ5km@8:00
26日(土)休
27日(日)デュッセルドルフマラソン


昨日は最後の刺激入れ。まず2kmをレースペース確認。そして2kmを閾値ペースで。以下詳細、左からラップ、ペース、平均心拍です(アップとダウン割愛)


3 4:56 141
4 4:56 143
5 4:06 158
6 4:05 163


レースペースは4:54狙ったんですけど、2秒の誤差。惜しい。心拍数は好調を示している。本番は4:54ペースで心拍数146以内目安に20kmまで巡行の計画。(詳細→30km走の結果からフルマラソン適正心拍数を求めてみる


後半の2kmは心肺と脚に軽く刺激入れのつもりで閾値走。正確には若干閾値超えペースと思われますが、丁度いい刺激具合。


2日前の本日は、疲労抜きジョグ5km程度を予定。順調順調。


「いつも通り」を意識しながらも、緊張とワクワク感が抑えられない。
42kmロング走のつもりで、と言い聞かせています。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

Category : 日々の練習
Posted by Taka on  | 4 comments  0 trackback

デュッセル5日前にして捗るプランニングあるいは可能性という名の妄想

今、こんなものを作っています。


フランクフルトマラソンに向けた練習プラン(妄想段階)


10月26日のフランクフルトマラソンに向けた練習プラン。気が早いのは承知の上で。マス目は埋まってないけどw


マラソンは、タイムもさることながら、プロセスが大切だと思う。デュッセルに向けては、いい準備ができた。いいタイムが出れば、そりゃ嬉しい。でも結果としてサブ3.5に届かなかったとしても、たぶん後悔はない。


3週間前の30km走のあと、「あとはやるだけ」と心から思えた時点で、僕のデュッセルはもう完成してたみたいだ。


最近、サブ3.5の先を妄想する時間が増えた。次の大会のこと、最終的にどこまで速くなれるか、ブログタイトルはどうするか(笑)


可能性は信じなきゃ実現しない。たぶん、デュッセル後のブログタイトルはこうだ。


「ドイツでサブ3」


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


Posted by Taka on  | 0 comments  0 trackback

マラソン本3冊読了、江上氏の良作エッセイ、小出監督、金哲彦氏も

4連休を有効活用してランニング関連書籍を読み散らかそうシリーズ第三弾。第一弾と二弾は以下の記事に記しておりまする。



昨夜から本日にかけてさらに3冊読破。暇人\(^o^)/ワーイ


  • 江上剛『55歳からのフルマラソン』
  • 小出義雄『マラソンは毎日走っても完走できない「ゆっくり」「速く」「長く」で目指す42.195キロ』
  • 金哲彦『金哲彦のマラソン練習法がわかる本』

個人的に一番印象深いのは、江上氏の本。こちらエッセイ本です。練習指南書ではありません。著者のマラソンに対する想い、チームメンバーとの関わり、サブ4達成に至る経緯などがつづられています。


何がいいって、まず文章がいい。読んでいて心地がいい。含蓄がある。さすが小説家。
そして次に、著者のマラソン観がいい。共感できる箇所多数。一部引用。


私は、仲間のおしゃべりを聞きながら、走り始める。何事もなかったように、私の周りに平凡な時間が流れ始める。自分が特別、大変なんじゃない。みんな、大変なんだ。だけどこうして健気に、明るく生きているじゃないか。


レースのタイムが悪くても、泣くほどの悔しさはない。しかし、いろいろな日常の問題を抱えている時に完走すると、涙が出てくる。
俺、まだやれる。
そんな気持ちになる。


小説作品は、他人の評価で感じ方も違ってくる。評価されないと、虚しくなることもある。自分ではいいものが出来たと思っていても、売れなかったり、読者からのこころない一言で、気持ちは萎え、意欲はしぼんでしまう。マラソンで得られるものは無償の、自分では何も求めない、自分自身の中から湧いてくる達成感なのだ。


ちょっとシリアスなとこばかり引用しちゃいました。他にも、2007年の東京マラソン参加の記録は圧巻。これが「レポ」というものか、と。写真は一枚もないのに、絵が浮かぶ。引き込まれる。感動する。


何の気なしに手に取った一冊でしたが、そして普段エッセイなんぞ全く読まない僕ですが、これはとても印象に残りました。ちょっとエッセイ本というジャンルを見直しました。食わず嫌いはいけませんね。


他の二冊は簡単に。


小出監督の本で特に参考になったのは調整方法。高橋尚子さんのシドニー五輪前の調整メニューが載っていて、これだけでも読んだ価値あり、といった感じ。


金氏の本は本格的な練習指南書。「期分け」の概念や、サブ3用練習プランなど、参考になる点多数。ブロガーの方々の練習方法と重なる点が多いのは、既に取り入れている方が多いことの表れでしょう。3週トレーニング+1週リカバリーのサイクルは、僕も今後取り入れようと思います。


これにて読書週間終了。今後もちょくちょく勉強して、そしてモチベーションをもらっていこうと思います。英語本にもチャレンジしたいな。ダニエルズ理論の原著とか。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


Posted by Taka on  | 0 comments  0 trackback

デュッセル6日前、疲労抜きジョグ@どうぶつの森

朝6時起床。安静時心拍数48。OK。平常通り。


体重55.3kg。これも平常通り。


今日は疲労抜きジョグ。昨日読んだ田中猛雄『マラソンはゆっくり走れば3時間を切れる!』を思い出しながら、スーパースロージョグを心がける。


明け方の街並み
明け方の街並み。


近所の公園
近所の公園コース。ここには野生の小動物が多く生息しています。


野うさぎ
野うさぎに迎えられ


リス
リスを発見。写真綺麗に撮れなくて残念。


カモの親子
生まれて間もないと思われるカモの子どもたち。近づくとスーッと逃げて行きました。


絶え間ない鳥のさえずりの中を走る。なんと気持ちのいいことか。


ゆっくり1時間ジョグ。その後、流し100m×4本。


距離: 7.46 km
タイム: 1:00:04
平均ペース: 8:03 min/km


これは…くせになりそう。朝ランって、楽しい。という発見。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村



板橋Cityマラソンを「板橋」と呼ぶように、長野マラソンを「長野」と呼ぶように、デュッセルドルフマラソンを「デュッセル」と呼んでみる。なんだかこそばゆい。自分の気持ちをちょっとだけ盛り上げるために。
記事タイトルをカウントダウン的にしてみると、リアリティが増す。ああ本当にもうすぐだな、と。そんな感覚もまた、楽しみたい。


Category : 日々の練習
Posted by Taka on  | 2 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。