FC2ブログ

ドイツでサブ3 | フルマラソン3時間切りを目指すドイツ在住会社員の練習記録。とドイツ的日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Taka on  | 

ミニマムトレーニング系2冊読了!

4連休を有効活用して、ランニング系書籍を読み散らかしております。今日も2冊読破!(これぞ友達いない独り身のなせる業!\(-o-)/)


  • 田中猛雄『マラソンはゆっくり走れば3時間を切れる!49歳のおじさん、2度目のマラソンで2時間58分38秒』
  • 中野ジェームズ修一『マラソンは最小限の練習で速くなる!忙しい人の自己ベスト更新術』

偶然選んだ2冊でしたが、読み比べてみると非常に面白かったです。基本思想は近いのに、こんなにも方法論が異なるのか、と。


田中氏は鍼灸師、中野氏はスポーツトレーナー。二人ともプロとして何人ものランナーをコンサルタントしてきた経験をお持ちです。同時に自身がランナーでもあります。


そんな二人が繰り返し強調するのが、オーバートレーニングに対する警鐘です。職業柄、けがに泣くランナーを沢山見てきたが故の結論。いかに無理をしないで記録を伸ばすか。それがこの2冊の根底をなす基本思想です。


ところが、いきついた方法論はまるで別物。


田中氏は徹頭徹尾「メリハリ」を重視。ポイント練と疲労抜きジョグの落差が大きいほど良いと言います。疲労抜きジョグはキロ7~8分ペースとちょーゆっくりで、ポイント連の2倍の距離をあてます。その反面、ポイント練の内容は最長で40kmのロング走やインターバルなど、かなり追い込む練習が紹介されています。


一方中野氏の推奨する練習プランは、基本的にペース走だけで構成されています(!)。5~15kmのレースペース走がメインで、一部にキロ30秒ほどペースを落とした20~30kmのロング走が入ります。


以下、中野氏がペース走を重視する理由を引用。


マラソンという運動の特性を専門的に見ると、どれだけ一定ペースを守って最後まで走り切ることができるかがパフォーマンスを左右する(中略)
インターバル走やビルドアップ走は心肺機能を上げて走力を高めるのに有効ですが、他のランナーと競うことが目的ではない市民ランナーのレースで、インターバル走のような走りをする必要はありません。
本番と同じように一定ペースを守って決められた距離を走る能力を高めるには、ペース走のクオリティを高めるのが一番。日頃の練習で、徹底的にペース走を追及するわけです。


う~むなるほど。一理あります。


また中野式練習プランでは、4週間走行距離が最大でも180km以内に抑えられており、「最小限の練習」を謳っているだけのことはあります。


田中式練習プランでは月間240kmが目安。「最少」対決では中野式に軍配が上がりましたw


以下私見ですが、ペース走を磨くという中野氏の方法論には一定の共感を覚えながらも、やはりそれだけでは何だか不安、というのが正直な感想です。田中式の方が、説得力があるように思えます。


トレーニングの一貫性と、バラエティ。あちらを立てればこちらが立たず?何が自分に一番合っているか、模索しながら取り入れていきたいですな。


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
書評ってのは、なんかブログが堅苦しくなっていけませんね(^^;)
今週だけ今週だけ。。。


Posted by Taka on  | 2 comments  0 trackback

本番7日前、リハのつもりで10km走

デュッセルマラソン7日前。今日はリハのつもりで5時に目覚まし、10分だけ二度寝…で5:10起床。
6時朝食。うつらうつらしながら、起きてるんだか寝てるんだか分からない状態で1時間ほど過ごし、7:15に熱いシャワーを浴びて、7:30に出発。


スタート地点まで何で行くか、それが実は決まっていなくて、たぶん当日は交通機関が止まっているし、タクシーもそんなに近くまで入れない。そこで今日は試しに歩いて向かってみました。


と言っても、ほぼいつものコースなので、どれぐらいかかるかは概ね想像がつくのです。が、そこはリハ。当日の朝をトレースする気持ちで。


約35分で、荷物預かり所となるはずの場所に到着。そこからスタートラインまでは、5分ぐらい。40分のウォーキングと考えると、ちょっと足がもったいない?けど他に良い案が思い浮かびません。


スタート時刻は9:00。当日はあと10分余裕をもって出ようかな。


スタートラインと思われる位置から10km走スタート。気持ちは、レースペースよりちょっと速め、だけど余裕をもって。


1 4:56
2 4:52
3 4:48
4 4:49
5 4:43
6 4:42
7 4:44
8 4:48
9 4:33
10 4:36


距離:10.01 km
タイム:47:33
平均ペース:4:45 min/km


心拍数推移はこちら(クリックで拡大)。
2014年4月20日10km走心拍数推移


ちょ~っと脚重かったです(^^;)一昨日の16kmビルドアップと、昨日の筋トレの影響が残ってる感じ。までも、ここから超回復を狙って本番に臨むということで、狙い通り!(後づけw)


今年1月からの週間走行距離はこちら(クリックで拡大)
週間走行距離1~16週


本番前の3週間(15週~17週)を調整期(テーパリング)にあてています。15週と16週は負荷は落とさず距離を落とすことを意識しました。


14週:71km
15週:61km(前週比86%)
16週:44km(前週比72%)


直前の17週は負荷も落とそうと思います。月~金までに3回ラン、計15~20kmぐらいを全て疲労抜きジョグで。場合によっては金曜にちょっと刺激入れ。


「重い足をつくる」は今回はやらないつもりです。初心者にはリスクが高い調整法に思えるのです。仮に本番で脚が軽くて軽くてもう~止まらん\(^o^)/状態になったとしても、自らの自制心を信じますw


さあ残り1週間、大事に過ごそう。
応援クリックいただけると嬉しいです(^^♪
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


Category : 日々の練習
Posted by Taka on  | 0 comments  0 trackback

岩本式に学ぶマラソン大会当日の食事

この週末はキリスト教圏ではイースターに当たります。ドイツでは18日(金)と21日(月)が祝日で4連休。元来出不精な僕は走る以外は家でのんびり。大会1週間前に旅行で体力使いたくないですし( ̄▽ ̄)


かと言って、4連休走りっぱなしという訳にもいかず。今日(土曜日、ランオフ)ふと思い立ってiTunesの電子書籍スポーツコーナーを眺めてみたら、ランニング関連書籍がいくつもラインナップされているではありませんか。それで、この週末は読書週間とすることに決めました。


今日早速2冊読破。読んだのは前から気になっていた岩本式


  • 岩本能史『非常識マラソンメソッド ヘビースモーカーの元キャバ嬢がたった9ヵ月で3時間13分!』
  • 岩本能史『非常識マラソンマネジメント レース直前24時間で30分速くなる!』

初めて岩本式15kmビルドアップと峠走の原典を読みました。面白いですね~。個人的には峠走にはまだ懐疑的かつ場所の制約があるので簡単ではないという印象。なのですが、ビルドアップはもともと好きな練習だし、積極的に取り入れていきたいなあ。


『非常識マラソンマネジメント』の方も、1週間後に本番を控えた身としては大変参考になりました。特に興味深かったのは、大会当日の過ごし方。中でも食事ですね。


岩本氏はゴールタイムの5時間前まで食べ続けることを推奨しています。以下引用。


スタート3時間前の朝食だけでいいのは、2時間半でゴールできるエリートランナーだけ。4時間かかるランナーが朝食後に何も食べないと、7時間以上空腹のままで走り続けることになります。これでは、運動のエネルギー源となる糖質が枯渇してしまい、足が止まってレースが続けられなくなります。


なるほどごもっとも。サブ3.5を目指す僕の場合、スタート1時間半前まで食べ続けるということになります。1時間半前なら、スタート時にお腹いっぱいという程でもないですし、無理なくこなせそうですね。


さらに、具体的には切り餅を食べることを推奨しています。以下再び引用。


切り餅は1個約150kcal。これを朝食後からスタートまでに7個食べます。摂取カロリーは、トータルで1000kcal前後。体重60㎏のランナーがフルマラソンを完走するのに必要なカロリーはおよそ2500kcalですから、朝食と合せてその半分以上をチャージしておくイメージです。


切り餅7個( ゚Д゚)!これはかなりの量wしかもわたくし、餅が苦手wそこで別の炭水化物で1000kcalがどんなものか、いつも食べてるもので換算してみました。


パン


パンですw本当は岩本氏は当日のパンによるチャージは避けるべきとしています。理由は、「パンを食べすぎるとお腹でガスが発生することがある」(非常識マラソンメソッドから引用)からだそうです。


ガスについては、経験上問題ない気がする、というかそう思いたいw一度に1000kcal分のパンなんて食べたことないですからねw。これ本来は事前に一度試すべき。でももう1週間前なので、今回はリハーサルは見送りかなあ。


上記写真のパンを全部たいらげると、1140kcalです。これにバナナ(1本ざっと100kcal)とリンゴ(小さいの1個ざっと100kcal)と低脂肪牛乳(200mlでざっと100kcal)で合計1440kcal。うんいい感じ。


このパン、毎朝2枚が通常の量。一袋まるまるだと8枚wどんだけwまあ、やってやろうじゃありませんか(^^)/


なお、当日チャージを推奨する岩本氏は、その代わりに前日までのカーボローディングは必要ないとの立場です。念のため補足。詳しくは原著を読んでくださいね(^^)/


こうして本からモチベーションをもらうのもたまには良いですね。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


Category : 岩本式
Posted by Taka on  | 2 comments  0 trackback

本番9日前、岩本式15kmビルドアップ卒検実施!

デュッセルマラソン9日前。本日は有名な岩本式15kmビルドアップ、卒検を実施して参りました。


卒検とはなんぞや?という方のための簡易解説。


  • まずフルマラソン目標レースペースで5km
  • 次の5kmは1分速く(12秒/kmのペースアップ)
  • 次の5kmはさらに1分半速く(18秒/kmのペースアップ)
  • 合計15kmのビルドアップを本番10日前にクリアできたら、目標達成の可能性が高い

サブ3.5の場合

1-5km25分5:00/km
6-10km24分4:48/km
11-15km22分半4:30/km


という訳で早速結果!


1 4:54
2 4:54
3 4:54
4 4:56
5 4:50
6 4:46
7 4:41
8 4:44
9 4:34
10 4:36
11 4:27
12 4:27
13 4:23
14 4:20
15 4:13
16 4:00←おまけ


5kmごとの結果

1-5km24:274:53/km
6-10km23:224:40/km
11-15km21:484:22/km


卒検クリアです\(^o^)/


タイムに余裕があるし、最後におまけの1km(4:00)を走る余力もあり。いい自信になりました(●´ω`●)


シューズはミズノWAVE HITOGAMIを使用。思った以上にクッションが薄かったようで、母指球辺りにまめのできる前兆のようなうずきが(^^;)こいつでフルはまだ無理そうです。お預け!\(^o^)/


心拍数推移はこんな感じでした。割ときれいに上昇。あとで散布図にするのに良いデータが取れたかも(●´ω`●)ムフフ
2014年4月18日16kmビルドアップ心拍数推移


それにしてもこの15kmビルドアップ、力試しと走力アップを兼ねたいい練習ですよね。5月以降の練習にも定期的に組み込みたいところです。


しかし閾値走は続けたいし、インターバルも始めたい。週末はロング走+LSDのセットを定番にしたい。さらにビルドアップって、これじゃ週間練習サイクルがポイント練ばっかりになっちゃいますね。あ~悩ましい、けどこの考えてる時間が至福(●´ω`●)


取捨選択が必要なことは間違いなくて、そのためのバックグラウンドが足りない。本読んで勉強します!


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
パワプロという野球ゲームをご存知ですか?今日は守備練、今日は走り込み、今日は休養とか選択しながら選手を育成するゲームなんですが、これが昔大好きでして。いかに強い選手をつくるかのプランを考えている時が一番楽しいんですよね。
今まさに、自分育成ゲームの真っ最中です(^^♪


Category : 日々の練習
Posted by Taka on  | 2 comments  0 trackback

ミズノ海外モデルWAVE HITOGAMI詳細、あとWAVE SAYONARAも

先日衝動買いしたミズノWAVE HITOGAMIについて調べてみました。


ミズノWAVE HITOGAMI


まず、このシューズの位置づけ。どんなスピード、距離に最適なのか?日本で売っているモデルなら、メーカーサイトがとても親切なので問題ないのですが、海外サイトは情報量が少なくて、ターゲット層がいまいち分かりません。


例えばミズノEUのサイトでHITOGAMIの説明を見るとこうあります。
http://www.mizuno.eu/gb/sports/running/footwear/33871/wave-hitogami


超自然体のスピード力。U4icミッドソールが素晴らしい軽量性とクッション性を両立。ダイナモーションインターナルサポートシステムが足をホールドし支えます。

保護性能:最小限
最適用途:レース
ランナータイプ:ニュートラル


訳がいまいちなのは置いといてwこれだけでは何が何やら。そこで、こんな表を作ってみました。


ミズノランニングシューズラインナップ日本・EU比較


ミズノジャパンとミズノEUのランニングシューズラインナップ比較表。重量をキーに。もちろん、シューズの特性を決めるのは重量だけではないとは言え、概ね「軽いほどスピードタイプ」と言えると思うのです。これによって、HITOGAMIと、ついでに今ポイント練で使っているSAYONARAの位置づけが何となく分かるだろう、と。


重量は各公式サイトから引用。インスパイアより重いモデルは割愛。同じモデルで重量が異なるのは、サイズが異なるためでしょう。したがって直接比較ができないので、ウェーブライダーを100とした時の比率で比較します。


HITOGAMIはミズノEUにおける最軽量モデル。ワンランク重いのがSAYONARA。さらにワンランク重いのがエアロ。ちなみにエアロはサイトには載っているのですが、まだ一回も店頭でお目にかかったことはありません。こうして見ると、ミズノEUのラインナップの寂しさがよく分かりますね。


表にして分かったことは、重量的にHITOGAMIはアミュレットの位置づけに近いということですね。SAYONARAはエアロとアミュレットの間です。


ただしアミュレットが安定性重視のサポートタイプであるのに対し、HITOGAMIはクッション性重視のニュートラルタイプみたいだから、アミュレットクラスのスピードを想定したニュートラルタイプといったところでしょうか。


ではアミュレットがターゲットとする走力、スピードはどれぐらいなのかというと、ミズノジャパンのサイトによれば、


フルマラソン3:30前後のランナーのレースに


とのこと。まさに僕にはうってつけ。ちょっと安心。


ミズノWAVE HITOGAMIソール
ソールパターンはいたってシンプル。


このシューズを選んだ理由は、一生懸命歌舞伎の説明をしてくれた店員さんに心打たれたから、だけではなくて、一応試走もした上での判断。その際の感想は


  • 甲側がソフト
  • 足にぴったりフィット
  • 底が薄い
  • その割にクッション性がある
  • SAYONARAに比べて、守られてる感が少ない
  • SAYONARAに比べて、安定感がない。地面と接するの面積が狭いかのような感覚。
  • 良く言えば軽快。実際軽い。

といったところ。極めて主観的wでも足を入れた瞬間の柔らかさとフィット感は非常に好印象。オーダーメードか、というぐらい、ちょっと感動的ですらありました。


少しは客観的な比較を試みるべく、既に持っているadizero Japan2もその場で履かせてもらいました。結果は


  • adizero Japan2は圧倒的にクッションが硬い
  • 足入れ感も硬い、ごわごわする
  • 重さは変わらん

好みの問題ですが、HITOGAMIの圧勝でした。柔らかいクッションが好きなので。adizero Japan2は当面ハーフ以下のレース用かな。


ミズノWAVE SAYONARA
ミズノWAVE SAYONARA


おまけ。現在のポイント練用メインシューズ、ミズノWAVE SAYONARA。これもお気に入り。
重量は、上の表によればエアロとアミュレットの中間らしい。HITOGAMIと比べて甲の柔らかさ、フィット感、軽快さは無いが、クッション性がちょっとだけ高く、安心感がある。


1月頭から履き始めて400km~500kmぐらい走ったでしょうか。勝負レースで履くには少々くたびれている感がしないでもないのですが、30km走を何度も共にした信頼があります。


SAYONARAにすべきかHITOGAMIにすべきか。こうして悩んでいる時間もまた楽しいものですね(^^♪
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


Category : シューズ
Posted by Taka on  | 0 comments  0 trackback

初フルマラソン勝負シューズ衝動買い\(゜ロ\)(/ロ゜)/

きれいに積み上げたつみ木ほど、崩す瞬間って快感だったりしますよね( ̄▽ ̄)


これまで慎重~に積み重ねてきた初フルマラソンのレースプラン。今日もですね、無難に今ポイント練で使ってるのと同じシューズを買うつもりだったんです。安心感ありますから(前回の記事参照→初フルマラソン勝負シューズを考える


お目当てのシューズは以前買った時と同じ場所に陳列されていました。サイズも色も同じものが在庫してあって、念のため試し履きもして、何も問題なくて。


一つだけ違ったのが、その一段下に別のモデルが新たに並べてあったこと。その名も


ミズノ WAVE HITOGAMI


何はともあれ、写真を見てください。


DSC_0205.jpg
かかとにひっそりとWAVE HITOGAMIの文字


DSC_0209.jpg
炎のように波打つペイント。まあ、ここまではいいのです。


DSC_0207.jpg
お分かりいただけるだろうか。


そう、歌舞伎役者の顔の化粧をイメージしたガラになっているのです…!!!!!緑のペイントが、目とひげを表しているのが分かりますでしょうか!?


これをね、ドイツ人の店員さんがですね、ドイツ語のできない僕に、不自由な英語で一生懸命で説明してくれる訳です。


日本の文化を、日本人に、英語で説明するドイツ人。


ああもう、ぼかぁそれだけで良かったんです。何とも言葉にできないのですが、心打たれちまったんです。


そんな訳で(はしょったwシューズのスペック、使用感などは後日)、勝負シューズ衝動買いしちゃいました。さて吉と出るか凶と出るか。


少しぐらい冒険要素があった方が、面白くなりそうじゃないですか?(って自分に言い聞かせてるw)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


Category : シューズ
Posted by Taka on  | 4 comments  0 trackback

これからの練習の管理&記録方法と長期目標について

今後こんな感じで練習プラン管理&記録していこうかなあ、というざっくりとした青写真。


カレンダー2014年4月
カレンダーで1か月全体の練習の流れを把握。プランも記入したい。(ハンドボールじゃなくてソフトボールだった)


週間走行距離1~15週
週間走行距離で週ごとの強度、波を把握。


週間走行距離構成比14-15週
各週にどの強度の練習が何%だったか、構成比の把握。


あとは心拍数データの散布図。


今月から試運転中。手間をかけすぎるのもいけない。気軽に続けられるレベルを心がける。


これらすべて、「先」のことを考えてのこと。次なる目標。練習プラン。最終到達点はどこか。


目の前のデュッセルマラソンが、だんだん通過点に思えてきた。それは良い傾向だと思う。


心の中には、長期目標がある。でもそれは、言葉にするのもはばかられるほど遠い。距離感すらまだ、わからない。そのくせ根拠のない自信がどこかにあって、ハッピーエンドを期待してる。どうやらこのブログは、そこに至るまでの成長記録、ということになりそう。


サブスリー(ボソ)


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


Posted by Taka on  | 2 comments  0 trackback

クロストレーニングでびゅー

クロストレーニングってなんか、かっこいい。ポイントは、「本職は○○だけど、トレーニングの幅を広げるために○○もやってます」っていう、ガチのアスリートだけど広い視野も持ち合わせてます的な、そして科学的な根拠に基づいてトレーニングしてます的な雰囲気がかもし出せるところ。


走ること以外に能がない僕。球技全般、超絶苦手。水泳は昔習ってたけど、全然速くならなかったのは脂肪が少なすぎて浮きにくいせいなんだって思うことにしてる。格闘技、このひょろい身体では言わずもがな。ウィンタースポーツ、昔彼女と行ったスノボで捻挫して(足首捻挫ぐせあり)、ずっと卓球してたのは良い思い出(T_T)


苦手と知っているから、避けてしまう。だから、結果的にランひとすじ。でもクロストレーニングという言葉には、ちょっと憧れてる。


さて


デュッセルドルフには5,000人の日本人が住んでいると言います。全人口が60万人なので、1%にせまる比率。ドイツで一番日本人が多い街です。


そんなデュッセルドルフ在住日本人による一大スポーツイベントが、毎年春秋2回開催されるソフトボール大会。70チームがしのぎを削り、応援も合わせると1,000人が集まるそうです。伝聞です。ええはい、僕は一度も参加したことありません( ̄▽ ̄)


1年以上も住んでいて、ぜんっぜん、まったく友達ができない僕。基本一人大好き。
見かねた会社の先輩が、今日ソフトボールの練習に誘ってくれたのです。


公園でソフトボール


メンバーの皆さんは経験者も初心者も男女も混合。和気あいあいとした雰囲気で、戦力としての期待値ゼロのわたくしめを快く迎えてくださいました。


キャッチボール、ノック、ピッチャーを入れての打撃&守備練。2時間ほどの練習はあっという間。あっれ?なんだこれ、楽しいじゃんか。


問題のクロストレーニングとしての効果なんですが、これかなり良さそう。特に守備練。臀部、前腿、内腿の筋肉が鍛えられます。普段しない変則的な動きや、瞬発的な動きの効用?流しの効果と近い感じですが、より効きます。


帰りのジョグは(公園までの往復約12kmをジョグしました)、何だか動きに余裕が生まれた感じがしました。


2週間に1回の定期練習だそう。今後も積極的に参加させていただくことにしよう。
祝・クロストレーニングでびゅー。科学的、とは言い難いですけどね( ̄▽ ̄)


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


Posted by Taka on  | 4 comments  0 trackback

本番2週間前、サブ3.5ペースで20km!

デュッセルドルフマラソン2週間と1日前。セオリー通り?レースペースでの20km走、実施して参りました。
まずは結果!左からラップ、ペース、平均心拍数です。


1 4:51 149
2 4:49 153
3 4:50 145
4 4:52 144
5 4:51 145
6 4:53 145
7 4:49 145
8 4:49 143
9 4:48 143
10 4:51 141
11 4:56 138
12 4:51 141
13 4:54 140
14 4:53 141
15 4:50 140
16 4:53 139
17 4:48 140
18 4:49 139
19 4:52 139
20 4:47 142

距離: 20.01 km
タイム: 1:36:58
平均ペース: 4:51 min/km


20km走心拍数推移
序盤の心拍数の上昇は計測不具合と思われます。


4:54を予定していたんだけども、最初の3kmで「このままいこう」と判断。今日は距離が短いから多少の無理がきくし、4:50前後で心拍数がどう推移するか実験してみるのも面白い、と。


結果、今回の心拍数推移はやや不思議なグラフを描きました。序盤の計器の不調は無視するとして、中盤~終盤がこのペースとしては意外なほど低いのです。以下、前回、前々回のロング走との比較。


ロング走の心拍数推移比較
一番ペースの速い緑(今回)が一番心拍数が低い。これはどう解釈すべきだろう?


今週は平日ポイント練が出来なかった。それで疲労が抜けて、調子が良かった?つまり、4:51ペースで心拍数140前後で走れる実力がある?それともただの計測誤差?


悔しいかな、やはりフルマラソンの準備期間はもっと長くあるべき。このペースの30km走が試せていたら、本番のレースプランも違うものになり得たでしょう。が、今の段階で、今回の情報だけでプランを上方修正するのはちょっと心もとない。


こう考えよう。
今回の目標はあくまでサブ3.5。3時間半よりちょっとだけ速ければ、いい。3:29:59でOK。加えて、前半で貯金をつくる作戦は念頭にない。初フルでそんな冒険をする勇気はない。


ってことは、そもそも4:51なんてペースは必要ない。どんなに余裕があっても、予定通り4:54で走るべき、30kmまでは。そこから先は、もう死ぬ気で走ってこい!


<練習の流れ>
土:30km@4:55
日:120分LSD
月:休
火:ジョグ8km
水:休
木:ジョグ3km + ビルドアップ5km
金:休
土:20km@4:51
------以下予定------
日:90分LSD
月:休
火:ジョグ
水:5km閾値走
木:休
金:ジョグ
土:15kmビルドアップ
日:ジョグ
月:休
火:ジョグ
水:5km快調走@4:40?
木:休
金:刺激入れ
土:休
日:デュッセルドルフマラソン本番!


練習はいつも一人ですが、あなたのワンクリックにいつも力をもらっています。感謝m(__)m
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブ3.5)へ
にほんブログ村


Category : 日々の練習
Posted by Taka on  | 0 comments  0 trackback

体組成計買って計ったら体脂肪率が想像以上だった

本日、体組成計を購入致しました\(-o-)/


他の方のブログで、体重や体脂肪率を管理されている方が多いことに触発されまして。もうただの体重計は卒業だ、と。本気でマラソンするなら体組成計や!と。それに、「初めてのフルマラソンはこれこれこういうコンディションでこういうタイムでした」という記録を残したい、という目的もあり。


体組成計、箱入り
60ユーロぐらいのやつ。体重のほかに、体脂肪率、体水分率、体筋肉率、骨量(kg)、基礎代謝(Kcal)、活動代謝(Kcal)が見られます。


活動代謝という言葉は適切かどうか分かりませんが、Active metabolic rateの(勝手な)訳です。基礎代謝+活動による代謝、要は1日に実際消費するであろうエネルギー量です。当然、「活動」の程度によって上下します。この体組成計では5段階の活動度合が用意されていました。僕はレベル4(30分以上の運動を少なくとも週4回、多くて6回)に設定しました。ちなみにレベル5は毎日1時間ハードな運動、です。


体組成計、開封後
beurer、というメーカー。読み方は…ボイレール?


体組成計初計測結果
帰宅後、早速真っ裸になって計測。
ええっと体脂肪率、Body Fatはどれかなっと、BFね…ん?


( ゚Д゚)・・・


(つд⊂)ゴシゴシ


(;゚Д゚) …!?


体脂肪率6.5%キター\(゜ロ\)(/ロ゜)/



これは想像以上wアスリートか、とw あれ?アスリート、なのかしら?いやいや、サブ3.5狙いではまだまだ。
昔(高校時代実家の体脂肪計で)よく見た体脂肪率は8~10%。もちろん、メーカーや測るタイミングで誤差はありましょうが。でも確かに、今までの人生で一番脂肪を燃やした3か月だった自信はあるw


以下、今日の測定結果

体重:55.00㎏
体脂肪率:6.5%
体水分率:70.0%
体筋肉率:50.6%
骨量:10.3㎏
基礎代謝:1501kcal
活動代謝:2777kcal


結果は概ね良好。だと思う。
ちなみに身長は175㎝。BMI18未満。一般的には痩せ過ぎでございます。
フルマラソンを走るなら、もう少し脂肪があった方が良いという話を聞いたことがあるような無いような。あるんですけどソースが不明。もっと食べた方がいいのか。までも、本格的練習を始めたこの1月以来、体重が減ったわけではない。自分にとってはこれが昔から正常、なのですよね。


最後に、説明書にあった体水分率の説明が興味深かったので引用置いておきます。


50%以下:poor
50-65%:good
65%以上:very good
体脂肪は比較的少ない水分を含んでいます。そのため体脂肪率の高い方は体水分率が低くなります。体脂肪率が低く筋肉率が高い持久系のアスリートにおいては、上記推奨数値を上回り得るでしょう。(中略)基本的には、高い体水分率を目指すと良いでしょう。


ブログランキングに参加しています。
ランナーに適切な体脂肪率、もう少し調べてみようかな。
情報提供、コメント歓迎でございます。ついでに応援クリックもよろしければ(^^♪
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


Posted by Taka on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。