FC2ブログ

ドイツでサブ3 | フルマラソン3時間切りを目指すドイツ在住会社員の練習記録。とドイツ的日常。

【写真】ドイツ・デュッセルドルフのクリスマスマーケット

ドイツでは11月下旬から12月23日まで、各地でクリスマスマーケットが開かれます。なぜ23日までかと言うと、クリスマスイヴと当日は家族と一緒に家で過ごすものだからだそうです。日本のお正月のような感じですね。デュッセルドルフの旧市街(アルトシュタット)のマーケットも有名なもののひとつで、多くの人が訪れます。週末、カメラを持って繰り出しました。


ケーニヒスアレーというショッピング街のわきを流れる小川。

DSC_1360.jpg
クリスマスマーケットを歩いていてひときわ魅力的だったジェントルマン。くるみ割り人形に負けない立派なおひげ。

DSC_1362.jpg
このような小さな出店が沢山出るのが、ドイツのクリスマスマーケットの特徴のようです。こういうお土産物を売っている店もあれば、食べ物屋さんも、お酒を出している店もあります。グリューヴァイン(温かい赤ワイン)を飲むのが定番です。

DSC_1355.jpg
こんな日は、典型的なドイツ飯に決まりです。アルトシュタットレストラン(旧市街レストラン)と書かれた看板。奥の壁にはSchlosser Das Alt。Schlosserとはデュッセルドルフの地ビールであるアルトビールをつくっているブランドの一つ。他にもいくつもブランドがあります。ちなみにAlt(アルト)とはOld、古いの意味。

DSC_1357.jpg
こちらがデュッセルの地ビール、アルトビール。違いの分からない男として定評のあるTakaですが、これを初めて飲んだ時は、「(よくわからんけど)うまい!」と思ったものです。

DSC_1359.jpg
典型的ドイツ料理シュニッツェル。ようは、とんかつ。そしてジャガイモ。サラダ。これぞドイツ飯。うまい!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Posted by Taka on  | 1 comments  0 trackback

【写真】ドイツのクリスマスマーケット

ドイツでは今週辺りから各地のクリスマスマーケットが始まり出しました。

DSC_0082.jpg
去年のケルンのクリスマスマーケットにて。

DSC_1328.jpg
こちらは今年のブレーメンのクリスマスマーケットで人気を集めていた大道芸人。

DSC_0083.jpg
再び去年のケルン・クリスマスマーケットより、コスチュームに身を包んだジェントルマン。写真撮ってもいいですか?との問いかけに、快く応じてくれました。個人的にこれが去年クリスマスシーズンのベストショットでした。

DSC_0016 - コピー
同じく去年12月、クリスマスマーケットを見に訪れたアーヘンという町の大聖堂の中。

DSC_0242.jpg
こちらも去年12月にフランクフルトで撮った写真。当ブログのタイトル画像に使っています。

今年もいい写真が撮れたら載せていこうと思います。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

Posted by Taka on  | 4 comments  0 trackback

オランダで極度乾燥しなさい!に行ってきた件

オランダのルオモンド(と聞こえたのですが、Google Mapではルールモントとあります。つづりはRoermond)に行ってきました。


ドイツ国境からすぐの街。アウトレットモールが人気。ドイツでアウトレットってあまり聞かないんです。


行ってみて驚きました。駐車場の車、8割ドイツナンバー(!)。10時に来て、13時には出たのですが、帰りは反対車線が渋滞していました。これがうわさに聞いていたアウトレット渋滞か、と。


人気の理由は、まず日曜でも営業していること。これが大きい。ドイツは日曜日には店が全部閉まる(一部レストランやカフェはやっていることも)ので、ショッピングはもちろん、食材なども買えません。


そしてやはりドイツより服が安い。と言っても、日本で買うよりは高い印象です。円安と、VAT(付加価値税。日本で言う消費税)21%であることも一つの要因でしょう。ドイツは19%。


IMG_0675.jpg
ルオモンドのアウトレット。こんな所です。


IMG_0671.jpg
アシックスのアウトレットがありました!しかし相変わらず残念なシューズラインナップ。。。ターサーなどの軽量・スピード系シューズは一切置いてありません。この辺はどこへ行っても同じのようです。


IMG_0672.jpg
きたー今はやりのブランド、その名も「極度乾燥(しなさい)」。Super Dryの訳に極度乾燥ってwしかも、しなさい、ってなんだよwと、日本人なら誰でもできる突っ込みを心でつぶやきつつ入店。


IMG_0674.jpg
TOKYO Super Dry。自動車潤滑(え!?え!?なんなの!?どゆこと!?)


IMG_0673.jpg
Super Dry 陸上競技 The Spirit of Japan (陸上競技は日本人の魂、ってことですか!!??)


正直、陸上競技パーカーは欲しかったですwでも60ユーロ(約8千円)とギャグに費やすにはお高い出費だったので、控えました。


初めて極度乾燥の店に入りましたが、いやはや、楽しかったです。意味も分からず買っていく欧州人と、意味が分かるが故に笑いを抑えられない日本人(僕)という素敵なコントラスト。


安くて面白いの見つけたら買いたいと思いますw


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

Posted by Taka on  | 3 comments  0 trackback

ボスニア旅行記(8)スレブレニツァという町について

時系列が前後するけど、スレブレニツァという町について。



1995年、ここで8,000人以上の民間人が亡くなった。ボスニア紛争中最悪の虐殺。



今この地には、慰霊墓地がある。8,000以上の墓。その中央に全員の名前を刻んだ石。そして、祈りを捧げるための建物。



そのための墓地だから当たり前なんだけど、すべてのお墓に、1995年と刻んである。



スレブレニツァの慰霊墓地のとあるお墓
(スレブレニツァの慰霊墓地の、とあるお墓。と、誰かの置いた花。)



首都サラエボから、バスで約4時間。



「お墓があるだけだよ」



と言ったY先輩の言葉は本当にその通りで。炎天下の中、お墓の間を縫って歩く以外に、どうすることもできなかった。



1時間半ほど、そうしていた。



僕以外にも、何組かの訪問者が来ては去って行った。



静かなものだった。日本と違ってセミもいないし。



中央の建物周辺では、大量の絨毯を天日干ししていた。イスラムのお祈りの際使うものだろう。日光消毒には最高の日よりだ。



小さな小さなお土産物屋さんが、道路を挟んで向かい側に1軒立っていた。



1冊だけ、英語の本が置いてあったから、それを買った。



お店のおばちゃんに、身振り手振りで道を聞いた。スレブレニツァの街まで、何キロですか?(墓地は町の中心から離れたところにある)



片方の手を開いて、もう片方は親指だけ立てて、おばちゃんは「ゼックス」と言った。ドイツ語で「6」の意味だ。



僕「ドイチュ?(ドイツ語?)」
おばちゃん「少しね」



と言ったんだと思う。僕はドイツ語できない。



僕「ダンケ(ありがとう)」
おばちゃん「ヴィーダゼン、チュース(さようなら、じゃあね)」(これは分かる)
僕「チュース(じゃあね)」



6kmか。帰りのバスが街の中心からだから、行かない訳にはいかないのだ。



キロ5で走れば30分なんだけどな、なんて思いながら歩き出した。


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

Posted by Taka on  | 2 comments  0 trackback

ボスニア旅行記(7)スレブレニツァで会ったおじさんが言ったこと

「ユーゴスラビアは良かった」



男はこの言葉を繰り返した。



僕はスレブレニツァという町の、ひなびたスーパーの上階のレストランで、ピザを食べていた。後から入ってきた男が声をかけてきたのだった。



「どこから来たね」



スレブレニツァに来てから、英語が聞けたのは初めてだった。50代と思しき男性は、ドイツで働いていて、休暇で地元に戻ってきているのだと語った。



「ユーゴスラビアは良かった。狂った連中が、戦争を始めたのさ。今は一部の金持ちだけいい思いをして、その他大勢は貧しいままさ」



こういう意見を持つ人もいるんだ、と新鮮だった。



にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

Posted by Taka on  | 0 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。